Wi-Fiがない場所でiPhoneを使ってKindle に書籍をダウンロードする方法

Kindleの写真

Kindle Paperwhiteで読書をしています。

電車で通勤中にAmazonのサイトを見ていると「このKindle本を読みたい」と思うことがあります。

そんなときネットにつながる4Gモデルならダウンロードしてその場ですぐ読めるのですが、私のもっているのはWi-Fiモデルです。

しかしiPhoneを持っていればその場ですぐKindleにダウンロードすることができるのです。

iPhone側の設定

iPhoneの「テザリング」という機能を使います。

設定(歯車のマーク)をタップすると設定画面が開くので「インターネット共有」をタップします。

iPhoneの設定画面

「インターネット共有」画面が開くので「ほかの人の接続を許可」をオンにします。

iPhoneの設定画面

Wi-Fiがオンになっていない場合は下のような画面が表示されるので「Wi-Fiをオンにする」をタップします。(Wi-Fiがオンになっている場合はこの画面は表示されません。)

iPhoneの設定画面

これでiPhone側の設定はできました。

iPhoneの設定画面

Kindle側の設定

Kindleのホーム画面を表示します。

Kindleのホーム画面

右上のメニューボタン(三つの点)をタップするとメニューが表示されるので「設定」をタップします。

Kindleの設定画面

表示された設定画面の「ワイヤレス」をタップします。

Kindleの設定画面

ワイヤレスの画面が表示されるので「Wi-Fiネットワーク」をタップします。

Kindleの設定画面

先ほどテザリングの設定をしたiPhoneの名前が表示されているのでタップします。

Kindleの設定画面

「Wi-Fiパスワードが必要です」という画面が表示されるので、iPhoneの「インターネット共有」画面に記載のある「”Wi-Fi”のパスワード」を入力して「接続」をタップします。

Kindleの設定画面

右上にWi-Fiのマークが表示されます。これで設定できました。

ホーム画面に戻れば購入したKindle本のダウンロードがはじまります。

Kindleの設定画面

まとめ

電車で通勤中にAmazonのサイトを見ていると読みたい本にほんとうによく出会います。

本は読みたい気持ちが高まっているときにすぐに読むのがいちばん効果的だと思っているので、その場でダウンロードできるのはありがたいです。

それにしても便利な世の中になったものです。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。