Windows 10でコピーした内容を複数保存できる「クリップボードの履歴」

クリップボードの写真

パソコンの作業で「コピー & ペースト」をするときに「あっ、1個前にコピーしたものを貼り付けたかったのに…」ということがよくありますよね。

コピーした内容はクリップボードに1つしか保存されないので、新たにコピーすると前の内容は消えてしまうのです。

Windows 10にはコピーした内容を複数保存しておける「クリップボードの履歴」という機能が用意されています。

クリップボードの履歴を利用できるようにする

↓「Win」+「V」キーを押すとクリップボードの画面が表示されるので「有効にする」ボタンをクリックします。

↓この状態でクリップボードの履歴が利用できる状態になっています。

クリップボードの履歴の使い方

↓過去にコピーした内容を貼り付けたいときに「Win」+「V」キーを押すとこれまでコピーしてクリップボードに保存された履歴が表示されます。利用したいものをクリックすることで貼り付けることができます。

↓各履歴の右上にある三点リーダー(…)をクリックすると表示されるメニューで「削除」「ピン留め」「すべてをクリア」の操作が可能です。

  • 「削除」:選択した履歴だけを削除する。ピン留めしている履歴も削除できる。
  • 「ピン留めする」:PCの電源を落としても履歴が消えないようにする。「すべてをクリア」しても削除されずに残る。
  • 「ピン留めを外す」:ピン留めした履歴のピン留めを外す。
  • 「すべてをクリア」:保存されている履歴をすべて削除する。ピン留めしている履歴は削除されない。

クリップボードの履歴を無効にする

クリップボードの履歴を無効にするには「設定」を起動します。

↓スタートメニューから「設定」を開き「システム」をクリックします。

システムの画面が表示されたら左側にあるクリップボードをクリック。クリップボードの画面が表示されるので「クリップボードの履歴」を「オフ」にします。これでクリップボードの履歴が無効になります。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。