食品衛生責任者講習会を受講してきました

食品衛生責任者ハンドブックの写真

飲食店や食品製造施設など食品を扱う営業を行うには、営業許可を受ける施設ごとに1名以上の食品衛生責任者を置く必要があります。

「食品衛生責任者講習会」を受講することで食品衛生責任者になることができます。

飲食店向けのHACCP導入サポートの業務を始めるにあたり、食品衛生の基本をざっと眺めておきたいと思い、タイミングよく地元で講習会が開催されたので受講してきました。

講習の内容は

  • 食品衛生学:2.5時間
  • 食品衛生法:3時間
  • 公衆衛生学:0.5時間

と6時間みっちり講義なのですが、内容も多岐にわたるため、ひとつひとの内容はサラッと説明される感じでした。しっかり復習しないといけませんね。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。