Google Authenticatorを使ってEvernoteに2段階認証でログインする設定

EvernoteとGoogle Authenticatorのアイコンの画像

Evernoteにパスワードなど重要な情報を保存している方も多いかと思います。セキュリティはできる限り強化しておいた方がよいでしょう。

Evernoteにはセキュリティを強化するために 2段階認証が用意されています。

「Google Authenticator」というスマートフォンアプリ を使った 2段階認証の設定方法についてご紹介します。

Google Authenticatorを使ってEvernoteに2段階認証でログインする設定

お使いのスマートフォンに Google Authenticator をインストールしておいてください。

パソコンでEvernote Webにログインして「設定」を開きます。

「セキュリティ概要」をクリックします。

セキュリティ概要の画面が開いたら「2段階認証」の「有効化」をクリックします。

「続ける」をクリックします。

「続ける」をクリックします。

メールで確認コードを受信します。「確認メールを送信」をクリックしてください。

メールに「確認コード」が届いていることを確認します。

メールで受信した確認コードを入力して「続ける」をクリックします。

次にSMSで確認コードを受信します。携帯電話番号を入力して「続ける」をクリックします。

SMSで受信した確認コードを入力して「続ける」をクリックします。

バックアップ用電話番号は任意なのでスキップしてもかまいません。必要な場合は電話番号を入力して「続ける」をクリックします。

お使いのスマートフォンの種類を選択してクリックします。

QRコードが表示されるので、スマートフォンにインストールしておいた Google Authenticator を起動します。

スマートフォンに下のような画面が表示されるので「設定を開始」をタップします。

「バーコードをスキャン」をタップします。

カメラが起動するのでパソコンの画面に表示されているQRコードをスキャンします。

するとスマートフォンに Evernote のコードが表示されるので、パソコンの画面に戻りコードを入力して「続ける」をクリックします。

スマートフォンをなくした時などにログインできるように、バックアップコードが表示されます。印刷するなどして保管しておきましょう。

先ほど表示された4組のバックアップコードのうち1組を入力して「セットアップを完了」をクリックします。

「完了」をクリックします。

これでEvernoteの2段階認証の設定ができました。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。