Google Authenticator を使って2段階認証をするための設定方法

Google Autthenticatorのアイコンの画像

Googleアカウントでは数種類の2段階認証の方法が用意されています。

そのうち「Google Authenticator」というスマートフォンアプリ を使った 2段階認証についてご紹介します。

Google Authenticator を使った2段階認証

Googleのサービスにログインする場合、通常はメールアドレスとパスワードでログインすることができます。

Google Authenticator を使う2段階認証を設定しておくとバスワード入力の後にコードの入力が求められます。

スマートフォンのGoogle Authenticator を起動して表示されているコードを入力して初めてログインすることができます。

Google Authenticator を使って2段階認証をするための設定方法

お使いのスマートフォンにGoogle Authenticatorをインストールしておきます。

パソコンでGoogleアカウント( https://myaccount.google.com/intro )にアクセスしてログインします。

「セキュリティ」をクリックします。

「2段階認証プロセス」をクリックします。

パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

スクロールして「2つ目の手順を追加してログインを確認する」の「認証システム アプリ」にある「設定」をクリックします。

お使いのスマートフォンの種類を選択して「次へ」をクリックします。

QRコードが表示されるので、スマートフォンにインストールしておいた Google Authenticator を起動します。


スマートフォンに下のような画面が表示されるので「設定を開始」をタップします。

「バーコードをスキャン」をタップします。

カメラが起動するのでパソコンの画面に表示されているQRコードをスキャンします。

するとスマートフォンにGoogleのコードが表示されるので、パソコンの画面に戻り「次へ」をクリックします。

認証システムの設定の画面が表示されたら、スマートフォンに現在表示されているコードを入力して「確認」をクリックします。

時間が経過するとコードの表示が赤色に変わり、しばらすると変更されるので、 コードを入力したら変更される前に「確認」をクリックするようにしてください。

完了の画面が表示されるので「完了」をクリックします。

「利用できる 2 つ目の手順」に「認証システムアプリ」が追加されます。これで設定完了です。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。