Googleドライブ 削除しても空き容量が増えない→ゴミ箱を空にする

Googleドライブは容量15GBまで無料なので、不要なファイルを削除して容量を節約すればまだまだ無料で使える!そう考えて不要なファイルを削除しても…空き容量が増えないぞ?

実は削除されたファイルはゴミ箱に残っていて容量を圧迫しています。ゴミ箱を空にすれば空き容量を増やすことができます。

Googleドライブのゴミ箱を空にする方法

▼Googleドライブにアクセスして、左側のメニューの「ゴミ箱」をクリックするとゴミ箱の画面が開きます。画面上部にある「ゴミ箱」というタイトルをクリックしてください。

▼「ゴミ箱を空にする」と表示されるのでクリックします。

▼「ゴミ箱を空にする」をクリックします。なおこれ以降ファイルは復元できなくなるので注意して実行してください。

▼これでゴミ箱が空になりました。保存容量の表示がまだ変わっていませんが、再度Googleドライブにアクセスしたときに反映されます。

▼再度Googleドライブにアクセスすると、空き容量が増えています。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。