【iPad】Googleドライブに保存しているPDFをNotabilityにインポートして手書きメモを書き込む

iPadの手書きアプリ「Notability」ではただ手書きができるだけでなく、書類などのPDFファイルをインポートして、その上からメモなどを手書きすることができます。

Googleドライブに保存しているPDFファイルをNotabilityにインポートして手書きメモを書き込む方法をお伝えします。

Googleドライブと連携する設定

まずNotabilityとGoogleドライブ連携する設定を行います。

↓Notabilityの画面左下にある設定(歯車マーク)をタップします。

↓設定画面が表示されたら「アカウントを管理」をタップし「Googleドライブ」の「ログイン」をタップします。

↓「続ける」をタップします。

↓「アカウントの選択」画面が表示されたら、ログインしたいアカウントをタップします。

↓のような画面が表示されたらスクロールして

↓「許可」をタップします。

↓これでGoogleドライブと連携できました。

GoogleドライブからNotabilityにPDFをインポートする方法

次にGoogleドライブからNotabilityにPDFファイルをインポートします。

↓赤枠で囲んだマークをタップします。

↓メニューが表示されたら「Googleドライブ」をタップします。

↓Googleドライブに保存されているフォルダやファイルが表示されるので、Notabilityにインポートしたいものをタップします。ここではフォルダを選択します。

↓NotabilityにインポートしたいPDFファイルをタップします。

↓「新規ノートを作成」をタップします。

↓「インポート」をタップします。

↓インポートが終わると「開く」ボタンが表示されるのでタップします。

↓これでPDFファイルがインポートできました。

↓のようにラインや文字を手書きすることができます。

業務での活用例

Notabilityを使って一番役に立っているのがこの「PDFファイルにメモをする」という機能です。

例えば

  • 行政通知などを読み込むときのアンダーライン、メモなど
  • セミナーの案内に「申込済み」のメモ
  • セミナーの資料へのメモ

のような使い方をしています。

行政通知にしても、セミナーの案内にしても、今はほとんどがネットやメールでPDFファイルを入手することができます。

また、最近はセミナーもオンラインで行われることが多く、資料をPDFファイルで提供してもらえることが多いのです。

それらをNotabilityにインポートして使うことで、紙の節減に大いに役立っていますし、資料の保管場所を気にする必要がないのもいいところです。

またメモをするときも、色分けをしたり、簡単にきれいに修正できるのも気に入っているところです。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。