ThinkPad E14 Gen 2 (第11世代インテル) 開封

ThinkPad E14 Gen 2 (第11世代インテル)を購入しました。注文から1か月以上かかってやっと手元に届きました。開封していきます。

ThinkPad E14 スペック

スペックは以下のとおりです。

プロセッサーインテル Core i7-1165G7 プロセッサー (2.80GHz, 12MB)
メモリー16GB PC4-25600 SODIMM
ストレージ256GB ソリッドステートドライブ
ディスプレイ14.0型FHD液晶 (1920×1080) IPS

ThinkPad E14 開封

↓外箱です。開くと

↓ThinkPadと記載の段ボール。2重段ボールで届きます。

↓中身は本体、充電アダプターと薄っぺらい取説など。

↓本体サイズは「324x220x17.9mm」14インチノートPCとしては小さめ。質量は約 1.59kgで多少重めですが、持ち運びできない重さでもありません。

↓ボディはブラックのアルミ製。高級感があります。

↓ThinkPadといえば「トラックポイント」

↓電源ボタンに指紋センサーがついています。

↓第11世代インテル Core i7です。

↓インターフェース左側は

  • USB Type-C 3.1 Gen 1 (Thunderbolt 4対応)
  • Powered USB 3.1 Gen 1
  • HDMI
  • マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック

↓インターフェース右側は

  • USB 2.0
  • イーサネットコネクター(RJ-45)

充電アダプターは65WでUSB Type-Cです。

ThinkPad E14はサクサク

11世代のCore i7、メモリは16GB。GIMPなど画像を加工するソフトの動作は確かに速いです。

今後、動画編集などするようになれば効果を発揮するのではないかと思っています。

ThinkPad E14キーボードは親指シフトユーザーにもおすすめ

親指シフトユーザーのノートPC選びはいつも難航しますが、ThinkPad E14はスペースキーが短めで、問題なく親指シフトを使えます。

またノートPCとしてはキーストロークが高めでタイピングしている感覚が気持ちよく、キーボードのタイピング感にこだわりのある親指シフトユーザーにもおすすめです。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。