HHKBでカタカナ変換 「 Fn 」+「 7 」 より 「 Ctrl 」+「 I 」が入力しやすい

HHKBの写真

HHKBで「Fn」+「7」でカタカナ変換するときに「Fn」キーが押しづらいなぁと思いませんか。

Windows 10のMS-IMEで楽に変換する方法があります。

HHKBにはファンクションキーがない

HHKBにはファンクションキーがなく「Fn」キーと数字キーの組み合わせで入力しなければなりません。

HHKBの「Fn」キーと数字キーの配置は↓のようになっており、ホームポジションから離れたところにあります。

特によく使う「Fn」+「7」のカタカナ変換のときに「やっぱりファンクションキーが欲しいな」と思っていました。

しかし、MS-IMEの機能で同様の変換をショートカットキーですることができます。

「Fn」+ 「数字」の代わりに「Ctrl」+ 「●」を使う

MS-IMEには↓のようなショートカットキーが用意されています。

ショートカットキー変換
「Ctrl」 + 「U」全角ひらがな
「Ctrl」 + 「 I 」全角カタカナ
「Ctrl」 + 「O」半角カタカナ
「Ctrl」 + 「P」全角英数
「Ctrl」 + 「T」半角英数

HHKBの「Ctrl」キーは左手小指で押しやすい位置、「U」「I」「O」「P」「T」もホームポジションから近く、入力の妨げにならない位置で「Fn」+「数字」より押しやすいです。

まとめ

HHKBのタイピングは馴染んでくると本当に心地よいのですが、ファンクションキーがないということが私にとってはネックでした。

特に「F7」のカタカナ変換は多用するので、そのたびに小指で「Fn」キーを押すのが億劫で、それが原因でHHKBをメルカリに出すことを考えたくらいです。

「Ctrl」+「I」を覚えてからはHHKBの入力が本当に快適になり、タイピングの心地よさもより増したように感じています。

HHKBをお使いの方はぜひ「Ctrl」+ 「●」を試してみてください。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。