Windows 10 キーボードでウインドウのサイズ変更・移動する方法

  • ブックマーク
  • Feedly
PCの写真

パソコンのウインドウを作業しやすい大きさに変更したり、移動したりするときはマウスを使うことが多いと思いますが、キーボードのみで調整することもできます。微調整したいときはキーボードで行うほうがやりやすいです。

キーボードでウインドウのサイズ変更・移動する方法をお伝えします。

ウインドウのサイズ変更・移動

「Alt」+「スペース」+「S」でサイズ変更

▼「Alt」+「スペース」を押したあとに 「S」を押すとマウスカーソルが十字の矢印に変わります。

▼ウインドウの上辺でサイズを変更するときは「↑」キーを、下辺で変更したいときは「↓」キーを押します。左右も同様です。するとウインドウの端に両矢印が表示されます。

矢印キーでサイズを調整して「Enter」で確定します。

「Alt」+「スペース」+「M」で移動

▼「Alt」+「スペース」を押したあとに 「M」を押すとマウスカーソルが十字の矢印に変わります。

▼移動したい方向の矢印キーを押すと枠が表示されるのでその枠を移動させて「Enter」で確定します。

この事の執筆者


大西 務(おおにし つとむ)

製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年間行う。2020年に行政書士事務所を開業。ドローンの許可承認申請を主な業務として活動。飛行ルールを守って安全にドローンを飛ばすことを重視したサポートを行っている。温泉好きのいぬバカ。京都府在住。1974年生まれ。

詳細はこちら

X   Facebook  Instagram

ドローンの許可に関する疑問やお悩み

ドローンの許可に関する疑問や不安、お悩みをサポートします。
まずはお気軽にご相談ください。

  • ブックマーク
  • Feedly