Zoomでオンラインセミナー受講 オンライン飲み会も 対面の価値も見えてくる

オンラインミーティングの画像

コロナウイルス感染拡大の影響でZoomを使ったオンラインミーティングを使う機会が増えてきました。

今日も、もともとは横浜で開催の予定だったセミナーがオンラインに変更となり自宅からPCでアクセスしての受講です。

今回のセミナーは講義とワークを組み合わせた対面でやることを前提に構成されものでしたが、主催者がZoomの機能を活用されて問題なく運営されていました。

セミナー後は各自が飲み物やおつまみなどを用意してのオンライン懇親会もあり、オンラインで十分充実した時間を過ごすことができ、得るものも多かったです。

オンラインでセミナーや飲み会などを経験して思うことは、オンラインは対面の代わりに十分なりうるだろうということです。

オンラインのほうがいいと思う場合さえあります。

「対面である必要のないもの」は我々が思っている以上にあるということがこれからわかっていくのだと思います。そういうものは今後オンラインに置き換わっていくでしょう。

ではオンラインでできてしまうならわざわざ交通費をかけて集まってやらなくてもいいのか、というとそうではないと考えています。

対面だからこそ価値があることが際立って見えてくる場合もあるのではないでしょか。

今後サービスを提供する側としては対面とオンラインの使い分けもスキルの一つになってくるのかもしれません。

これを機会にツールのひとつとして学ぶ必要性を感じました。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。