行政書士登録申請の準備 備品をそろえる

事務所のイメージ

登録申請には事務所内の様子(事務機器の配置を含む)がわかる写真を提出する必要があります。

そのため登録申請前に必要な備品をそろえる必要があるのです。

すでに用意したもの、これから用意する必要のあるものについてまとめてみました。

パソコン

パソコンはプライベートでずっと使い続けてきているので、開業のために特に用意することはしていません。これまで使ってきたものをそのまま使います。

プリンター

インクジェットのプリンターを持っていますが、ランニングコストのことを考えるとレーザープリンターが必要かなと現在検討中です。

電話

固定電話を設置するか、今使っている携帯電話にするか迷うところではあるのですが、最初は携帯電話ではじめて必要性を感じたら固定電話も検討しようと思っています。

ただ、連絡手段としては電話よりもメールをメインで使っていけるような運営をしたいという希望があります。

FAX

「eFAX」というパソコンやスマホなどでFAXを送受信できるサービスがあるので利用を検討しています。

デスク

今パソコンで作業するときに使っているデスクがありますが、業務に使うには小さいかなと思っています。サブの作業台として使う予定にしています。

テーブル

自宅での開業のため基本的にお客様に来ていただくことは少なくなるのでしょうが、応接するためのミーティングテーブルを用意する予定です。

デスクが小さいので普段はこのテーブルをメインの作業デスクとして使うことになります。

鍵付きのキャビネット

お客様から預かった個人情報、作成書類を保管することもあるので、鍵付きのキャビネットをこれから探して準備する予定です。

職印

作成した書類やお客様にお渡しする領収書に必ず押さないといけない印鑑です。先日注文したものが届きました。

まとめ

これらは登録申請時に必要なので準備をしていますが、実際に開業して使い始めるのはまだ先なので使い勝手などはなかなかイメージしにくいのが現実です。

現時点ではできる限り持っているもので用意して、開業してから必要に応じて使い勝手のいいものをそろえていくつもりです。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。