Surface Laptop 3 の作業環境を整える

PC環境の写真

Surface Laptop 3で快適に作業するために作業環境を整えました。

すべてMacBook Airで使っていたもので、新たに購入したものはありません。

すんなりとつながってくれるかどうか。つながってくれるはずですが。

BenQ モニター ディスプレイ GW2470HL 23.8インチ

Surface Laptop 3は13.5インチのものと15インチのものが販売されています。外出先でも使えるようにと13.5インチのものを購入しました。

自宅で使うときは大きい画面で効率よく作業したいのでマルチディスプレイ環境にしています。

のちほどご紹介するUSB-Cハブを介してのHDMI接続できれいに表示されました。

Spinido ノート PC スタンド

マルチディスプレイで作業しやすいように外付けキーボードを使います。

デスクのキーボードをおくスペースを増やすためにノートPCスタンドを利用します。

モニターディスプレイと高さがそろうことでもまた作業しやすくなります。

ロジクール マルチデバイス Bluetoothキーボード K380

外付けキーボードです。丸いキーで使い心地はどうだろうと思っていましたが、思いのほか打ちやすいキーボードです。

3台のPCやスマホなどと切り替えて接続することができます。

Surface Laptop 3との接続はすんなりいきませんでした。

「半角/全角」キーを押しても切り替えができず「 ´ 」が入力されてしまいます。

これは使えないのかなと思ったのですが、デバイスマネージャで設定を変えることで無事使えるようになりました。

ロジクールのサイトではないですが、こちらを参考にしました。

ロジクール ワイヤレストラックボール MX ERGO

一般的なマウスとちがい手を動かさないので疲れにくいそうです。

様々な機能を割り当てられるボタンが便利です。

私はタスク管理にエクセルを使っていて、現在時刻を入力することが多いので1つのボタンに「ctrl + : 」を割り当てています。ほかにもデスクトップを切り替える設定をしていたりと活用しています。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ

MacBook Airでは USB-C ポートが2つしかついておらず、もともと持っていたUSB機器を使えませんでした。

また、モニターディスプレイと接続するHDMIポートも必要だったので購入したものです。

Surface Laptop 3 にも USB-C ポート、USB-A ポートがそれぞれ1つずつしかついていません。

USB-Cハブを介してHDMIケーブルでモニターディスプレイをつなぐときれいに表示されてひと安心です。

SDカードスロットがついてるのでデジカメで撮った写真をPCに取りこむこともできます。

JBL GO2 Bluetoothスピーカー

Radiko でラジオを聴いたり、プライムミュージックを聴きながら作業をするのに使っています。

コンパクトでありながらいい音が出ます。

ロジクール Bluetoothマウス  M557

外出するときに使おうと一応 Bluetoothでペアリングしていますが、Surface Laptop 3 のタッチパッドが広くて使いやすいので、ほとんど使うことはないかもしれません。

Bluelounge Kickflip

PCの底面に貼り付け、キーボードの面に傾斜をつけることでタイピングをしやすくするスタンドです。

PCの下に空間ができるので熱を逃がすのにも役立つそうです。

MacBook Airで使っていたものをはがし、粘着面にラップを貼って保管していました。

粘着力はじゅうぶん残っており、Surface Laptop 3 にもしっかり貼り付きました。

作業環境を整えてみて

キーボードで「半角/全角」切り替えができなくてあせりましたが、設定でなんとかなって安心しました。

MacBook Air のために用意したもの、もともと持っていたものがすべて問題なく使えたのもよかったです。

これでブログでもいい記事がたくさん書けるようになるかどうか。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。