年末年始 親指シフト マスター 特訓計画

キーボードなどの写真

ここ数日は親指シフトのことで頭がいっぱいです。

Happy Hacking Keyboard で勢いに乗って?

今一番気になっているのは「Happy Hacking Keyboard」を買うか買わないか。

大阪の「SUPER CLASSIC」で現物が見れるそうなので見に行こうかなと思っています。

本当に買ってしまってもいいものなのか、今あるもので練習したらいいんじゃないか。

ふところ具合を気にしつつ悩んでいますが、 これから親指シフトを始める勢いをつけるいいきっかけになるんじゃないかなどと都合のいいことを考えています。

年末年始は親指シフトマスター特訓

まさにこのタイミングしかないんじゃないかというタイミングですよね。

会社で仕事をしているとさすがにローマ字入力をやめるわけにもいきません。

退職まで残り一週間はローマ字入力で仕事をしつつ親指シフトの情報集めとイメージトレーニングです。

そして年末年始はローマ字入力を封印して親指シフトタイピング漬けです。

退職後の手続きなど色々あるのですが公的機関も年末年始はお休みですので動きが取れません。

退職日を決定した後に気づいたのですが離職票についても会社が年明けに動き出してからでないと手続きできないので、手元に届くのは早くても1月7日くらいでしょうか。離職票が必要な手続きはそれ以降になります。

つまり12月28日からの10日余りは親指シフトに集中できるもってこいの期間です。

この期間でローマ字入力を必要ないところまでなんとかもっていって、その後は時間がかかっても親指シフトでブログを書いたりホームページを作ったりして自分のものにしていきたいと計画しています。

ついでにフリック入力と音声入力も実力アップ

12月28日からローマ字入力を封印してブログはどうするのか?

これはフリック入力と音声入力で乗り切ろうと考えています。

スマホでも最初はフリック入力ではなくキーボードを使ったローマ字入力でした。

フリック入力をやりだしたのは今年に入ってからでそれほど得意ではありません。

これをきっかけにフリック入力も磨きをかけてやろうかと。

また音声入力も喋るだけだから簡単だろうと思っていましたが、 実際にやってみると文字にするものを何も読まないで話すというのはなかなか難しいんですね。

頭で考えたことがすっと簡単に言葉にならない。音声入力も実は練習が必要だということに気づきました。

なので音声入力もこの機会に 実力を上げていければと思っています。

まとめ

これまでも親指シフトに関する情報をたくさん集めてきました。

いちばん参考にしているのはものくろさんのものくろボックスです。

親指シフトまとめ

ここで紹介されているNICOLA派宣言のサイトも何度も何度も読みました。

NICOLA派宣言

もう準備万端です。あとはローマ字入力を封印して練習を始めるだけです。

さて、HHKBをどうするか。大阪まで実物を触りにいってこようかなぁ。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。