独自ドメインメールアドレスの受信メールをGmailに転送する エックスサーバーの場合

転送のイメージ画像

こちらの記事ではエックスサーバーでの独自ドメインメールアドレスの作成方法をご紹介しました。

ただ、メールアドレスを作成しただけでは、エックスサーバーのWebメールでしか受信することができません。

ここでは作成したメールアドレスで受信するメールをGmailに転送する方法をお伝えします。

独自ドメインメールアドレスの受信メールをGmailに転送する設定方法

サーバーパネルにログインする

エックスサーバーのサイトにアクセスして、サーバーパネルにログインします。

設定するメールアカウントを選択する

サーバーパネルの「メールアカウント設定」をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されたらメールアカウントを設定するドメインの「選択する」をクリックします。

メールアカウント設定が開いたら、メールアカウント一覧の中から転送設定するメールアカウントの「転送」ボタンをクリックします。

【転送の設定】メールボックスに 残す/残さない を設定する

エックスサーバーのメールボックスにメールを「残す」場合は ❹ へ。「残さない」場合は「メールボックスに残すかどうかの設定」の「変更」ボタンをクリックします。

メール転送設定画面の「変更する」ボタンをクリックします。

これでメールボックスにメールを「残さない」設定になりました。

「○○@○○.comの」転送設定に戻る」をクリックします。

【転送の設定】転送先のアドレスを設定する

❸でメールボックスに「残す」設定をした場合、赤線部分は「残す」と表示されています。

転送先アドレスにGmailのメールアドレスを入力して「追加する」ボタンをクリックします。

これで転送先のメールアドレスが追加されました。「○○@○○.comの転送設定に戻る」をクリックします。

「転送先」にGmailのメールアドレスが表示されています。これで独自ドメインメールアドレスの受信メールがGmailに転送されるようになりました。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。