BackWPup プラグインで WordPressをバックアップする

PCとHDDの写真

WordPressで作成しているブログなどのサイトのデータも、破損したり消えてしまう可能性があります。もしものときに備えてバックアップしておいたほうがいいでしょう。

BackWPup というプラグインで WordPressをバックアップする方法をお伝えします。

BackWPup をインストールする

↓WordPress管理画面のメニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

↓プラグインを追加する画面が表示されたら「BackWPup」を検索します。

↓「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

↓インストールできたら「有効化」をクリックします。

バックアップの設定をする

↓BackWPup をインストールしたら管理画面のメニューに「BackWPup」が追加されています。

「BackWPup」→「新規ジョブを追加」をクリックします。

↓新規ジョブの画面が表示されたら「一般」タブから設定していきます。

「ジョブ名」を入力します。例えば週1回金曜日にバックアップすると決めたなら「バックアップ(毎週金曜日)」などと設定すればよいでしょう。

↓「ジョブタスク」ではデフォルトで

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • インストール済みのプラグイン一覧

にチェックが入っています。このままで構いません。

↓「バックアップファイルの作成」で「アーカイブ形式」を選択します。

↓「バックアップファイルの保存方法」で「フォルダーへバックアップ」を選択します。

これでバックアップファイルがサーバーのフォルダーにバックアップされるようになります。

↓「変更を保存」をクリックします。

次に「スケジュール」タブの設定です。

↓自動バックアップをするには「ジョブの開始方法」の「WordPress の cron」を選択します。

↓「スケジューラーの種類」は「基本」を選択、「スケジューラー」は任意で設定します。設定できたら「変更を保存」をクリックします。

↓「DBバックアップ」「ファイル」「プラグイン」タブの設定はそのままで構いません。

「宛先: フォルダー」タブの設定をします。

↓「ファイルを削除」では過去のバックアップを何回分保持するかを設定できます。任意で入力してください。設定したら「変更を保存」をクリックします。

これで設定したスケジュール通りWordPressがバックアップされるようになります。

今すぐバックアップする

設定通りのバックアップができるか、最初のバックアップは今すぐ実行しておきます。

↓管理画面メニューの「BackWPup」にある「ジョブ」をクリックします。

↓設定した「ジョブ」が表示されるので「今すぐ実行」をクリックします。

↓バックアップが完了するとこのような画面が表示されます。サーバーのフォルダにバックアップデータが保存されている状態です。

バックアップファイルをダウンロードする

サーバーに保存されたバックアップデータをパソコンにダウンロードします。

↓管理画面メニューの「BackWPup」にある「バックアップ」をクリックします。

↓バックアップデータが表示されるので「ダウンロード」をクリックしてパソコンにダウンロードしてください。

ダウンロードしたデータは外付けHDDなどに保存しておくとより安全です。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。