DEVAISE デスクワゴンを購入 鍵付きで安心 スライドレールで静かにスムーズに引き出せる

サイドワゴンの写真

行政書士事務所の開業に向けて備品をそろえています。

文具や書類などを収納するデスクワゴンを購入しました。

行政書士登録手続きには「鍵付き保管庫」の写真が必要

行政書士登録の手続きでは事務所の内部の写真を求められ、撮影の対象の一つに「金庫(書類保管庫)」があります。

お客様から預かった書類を保管するような場合に必要なので準備しておくようにということなのでしょう。

必ずしも「金庫」である必要はなく、ただ「鍵がかかる機構」を備えているものが必要なようです。

文具を収納する引き出しも欲しかったので鍵付きの 「DEVAISE デスクワゴン」 を購入することにしました。

DEVAISE デスクワゴンの特徴

サイズは 390×480×600mmで重量は18kgです。横幅1100mm のデスクに合わせるとこんな感じです。

引き出しにはスライドレールが使われており、ガラガラという大きな音もせず、スムーズに引き出すことができます。

引き出しのいちばん奥まで引き出すことができるので、物を奥の方に置いても取り出しやすそうです。

1段目にはペントレーがついています。このペントレーは2段目にもつけることが可能です。

引き出しの内側の深さは1段目、2段目が70mm、3段目が240mmになっています。

3段目には2枚の仕切り板が付属しています。

仕切り板は引き出しの側面を外に押し出して取り外すことができますが、強めの力で押す必要があります。

引き出しの中央あたりに付けているものであればまだ容易に取り外せますが、引き出しの手前または奥に付けている仕切り板は取り外しにくいので注意が必要です。

キャスターがついておりスムーズに動かすことができます。前2つにはストッパーがついているので固定することもできます。

鍵は2個ついています。鍵をかけると3段とも引き出せなくなります。

まとめ

価格はAmazonで8,000円弱だったのですがしっかりとしたつくりのものです。色も落ち着いたブラックで安っぽさは感じません。

気になるところは

  • 3段目の仕切り板を取り外しにくいこと
  • キャスターのグリップがあまりなく、ストッパーをロックしていてもフローリングでは少しすべる

というようなところです。

それでも使い勝手もよさそうですし、部屋の雰囲気にも合っていて良い買い物でした。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。