ページを左右に並べられるアウトライナー Roam Research が使いやすい

Roamの画像

「シゴタノ!」さんの記事で紹介されていた新しいアウトライナー「Roam Research」を試してみました。

Dynalistを1年以上使ってきて特に大きな不便はなかったのですが「この機能があったらいいのにな」と思うものがあります。まさにその機能が Roam Researchにはついています。

これは試さずにはいられないということで、試してみましたので使い勝手などをお伝えします。

「DAYLY NOTES」のページに毎日自動的に日付が表示される

Dynalistではライフログ、思ったこと、タスクなど何でもまず【TODAY】(INBOX)と名付けたアイテム(項目)の下に入力しています。

この 【TODAY】(INBOX)に入力したものは翌日にカテゴリごとに別のアイテムの下に移し、ライフログは「Archives」に毎日新たに日付を付けて作ったアイテムの下に移すということをしています。

Roam Research では「DAILY NOTES」に毎日自動的にデイリーページが作成されるので、新たに日付をつけた項目を作る必要がありません。

日付が変わるごとに最上部に当日のデイリーページが追加され、前日以前のページは下にスクロールすると見返すことができるようになっています。

これでDynalistでやっていた「 Archives 」に毎日移すということをする必要がなくなります。

ページを左右に並べられる

【TODAY】(INBOX) の下に入力したタスクはすぐには手を付けず【タスク・ルーチン】と名付けたアイテムの下に移しタスク一覧にしています。Dynalistではショートカットを使って移動していますが、移動した結果は画面上では表示されません。

Roam Research では他のページを画面の右側に並べて表示することができるのです。この機能がDynalitを使っていて「あればいいのに」とずっと思っていた機能です。

デイリーページに記入した内容をドラッグ & ドロップで並べたページに移すこともできます。

それ以外にもページを並べて参照しながら作業したい場面というのは多く、これは本当にありがたい機能です。

日付を付けた項目がデイリーページに表示される

Dynalistで【タスク・ルーチン】のアイテムの下に入力したタスクやルーチンには実行予定日を入力しています。

予定日を過ぎると赤色に変わるように設定しているのでアラートとして機能します。Dynalistの便利な機能の1つです。

しかし、いつもメインで開いているのは 【TODAY】(INBOX) の画面のため見忘れることがよくあるのです。

Roam Research でも日付を入力する機能があります。

下の画像では「タスク1」に実行予定日の日付を付けてみました。

するとデイリーページに「タスク1」の表示が現れます。

デイリーページはメインで開いておくことになるので、予定しているタスクを見忘れることもなくなりそうです。

まとめ

今回は私のDynalistの使い方をRoam Researchでやってみるとどうなるかという観点から使い勝手をお伝えしました。

Roam Research にはDynalistを使っていて「ここがちょっと」と思っていたところがすべてクリアにされていて、魅力的なツールです。

しかし、Dynalistにも便利な機能がまだまだあるので Roam Research に乗り換えるかどうかは悩みどころです。

しばらくは両方を使ってみて乗り換えるか、それとも使い分けて両方使うか考えてみようと思います。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。