国民年金をクレジットカードで納付するための手続き

国民年金に加入していていると、毎年4月に国民年金保険料納付書が届きます。

その納付書を金融機関やコンビニなどにもっていって現金で支払うのが一般的ですが「クレジットカード納付」の手続きをすることで、クレジットカードで定期的に引き落とされるように変更することができます。

国民年金をクレジットカードで納付するための手続きについてお伝えします。

国民年金保険料クレジットカード納付申出

日本年金機構サイトの「国民年金関係届書・申請書一覧」にある「国民年金保険料をクレジットカードで支払いたいとき」から「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」のファイルをダウンロードして、必要事項を記入します。

エクセルファイルも用意されていて、PCで入力することもできます。

提出先は最寄りの年金事務所窓口です。郵送でもかまいません。

最寄りの年金事務所は「全国の相談・手続き窓口」で確認できます。

手続きをしてみて

独立して国民年金に加入した昨年1年間は、送られてきた納付書で毎月コンビニに行って納付していました。

これが結構面倒で、納付書の使用期限を過ぎないようにチェックもしておかなければならないですし、毎回コンビニに行くのも何かのついでに行くとはいえ、なんとかしたいと思っていました。

納付書と同封されている案内にクレジットカード納付について書かれていたので手続きをしてみました。

  • 日本年金機構サイトで申出書をダウンロードして印刷・記入
  • 最寄りの年金事務所を調べる
  • 年金事務所に持参 or 郵送

と少し煩雑ではあるのですが、毎月コンビニにいくことを考えるとこれくらいは仕方がないのかなと思いつつ、

しかし、これくらいの手続きはオンラインでパッとできてほしいなと思うところでした。

(実は電子申請というのがあるらしいのですが、これはもっと煩雑らしいです。)

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。