1つのUnifyingレシーバで複数のロジクール製マウスを接続する

Unifying 対応のロジクール製機器ならば、1つのUnifyingレシーバで6台まで接続することが可能です。

1つのUnifyingレシーバで複数のロジクール製マウスを接続する方法をお伝えします。

UnifyingソフトウェアでマウスをPCに接続する

ロジクールのダウンロードサイトでUnifying Softwareをダウンロードして、インストールしておきます。

↓PCにUnifyingレシーバーを接続して、Unifying Softwareを起動「次へ」をクリックします。

↓のように表示が変わったらマウスの電源をONにします。

↓マウスを検出すると表示が変わるので、マウスポインタが動くことを確認して「はい」にチェックし「次へ」をクリックします。

↓これでマウスが接続できました。「完了」ボタンをクリックします。

私の活用法

メインで使っているノートPCに1つのUnifyingレシーバを挿し、2台のトラックボールと1台のマウスを接続しています。

事務所で使っている「MX ERGO」はそこそこ重さがあるので、あまり持ち運びをしたくありません。

気晴らしに仕事場を変えるときには、PCだけを持っていき、リビングにおいてある「M570」を使います。

外出するときにはトラックボールはかさばるので「M525」というマウスを使っています。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。