掃除機を ダイソン DC62 から シャープ RACTIVE Air EC-VR3SX に買い替える とにかく軽い

掃除機の写真

これまで 6年間使ってきたDyson コードレスクリーナー DC62のバッテリーがダメになってしまいました。

バッテリーを交換すればまだ使えるのでしょうが、3年ほど前にも1度交換しており、また排気のにおいやダストカップを洗浄できないことなど気になるところが多々あり、そろそろ買い替え時かなということで新しい掃除機を購入しました。

シャープ RACTIVE Air(ラクティブ エア) プレミアムパッケージ EC-VR3SX

今回購入した掃除機は「シャープ RACTIVE Air(ラクティブ エア) プレミアムパッケージ EC-VR3SX」です。

ダイソン DC62と比較するとだいぶコンパクトですね。

RACTIVE Air を選んだ理由はとにかく軽いこと。妻がなによりも軽さにこだわりました。重さは「1.3kg」です。2kgを超えるダイソンDC62と比べると相当軽く感じます。

私は多少重くても吸引力もあったほうがと思ったりもしたのですが、こまめに掃除しやすい「軽さ」のほうを選びました。

ヘッドもだいぶコンパクトで小回りがききそうです。

ヘッドをはずすと「スグトルブラシ」という狭いところや凹凸の部分などのホコリをとりやすいブラシがついています。

立ったままでもヘッドがはずせるようにパイプの上部にレバーがあるのが便利です。

グリップの下あたりにホルダーがついており机や椅子に立てかけることもできます。

掃除中の電話や来客などさっと立てかけられるのは便利ですね。

バッテリー1個での連続運転時間は以下の通り。

  • 自動モード:約20分
  • 強モード:約8分
  • 弱モード:約30分

バッテリーは着脱できるようになっており、2個あるので充電が切れても付け替えて続けて掃除することができます。

まとめ

実際に使ってみて「軽さは正義」だと思いました。ほうき感覚、コロコロ感覚でさっと取り出してさっと使えます。

吸引力は気になるところですが、軽く使ってみた感じは問題なさそうです。

毎日こまめに掃除しやすくなる効果は大きいのではないでしょうか。いい買い物でした。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。