チェアマット代わりにニトリのタイルカーペットを敷いてみた

デスク周りの写真

事務所用にキャスターのある椅子を購入したので、チェアマット代わりにタイルカーペットを敷いてみました。

チェアマット代わりにタイルカーペットを敷く

作業をしやすいようにと購入した大きめのテーブルに合わせて動きやすいキャスターのある椅子にしたのですが、床がフローリングのため転がりが良すぎて安定しません。またフローリングの傷も気になるので何か敷いた方がいいだろうということで探してみました。

「チェアマット」という専用の商品を見つけたのですが、欲しいサイズのものがなく、色も黒や透明のものがほとんどで事務所っぽくなりすぎてしまいそうで好みに合いませんでした。

そこで思い出したのが「タイルカーペット」です。タイルカーペットならサイズも調整できますし、色も豊富にあります。

さっそく購入したのがニトリの タイルカーペット(ハーゲン 50X50) です。

このタイルカーペットには滑り止めがついていないので東リ 吸着式カーペット固定用 AKシールを使います。吸着式なのでフローリングを傷つけることもありませんし、汚れた時には取り外しも可能です。

全16色あるので好きな色が選べます。 色は事務所のカーテンに合わせて選んでみました。

椅子の転がりもちょうどよく、フローリングの傷も気にする必要がなくなりました。吸着シールのおかげでずれることもありません。

まとめ

チェアマットの代用としての機能は十分果たしています。思い通りのサイズと色を選べたので事務所の雰囲気もよくなりました。

価格も滑り止めシール込みでチェアマットと同じくらいです。

チェアマットの代用としてタイルカーペット、おすすめです。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。