【Windows 10】バージョン20H2に更新したらキーの割り当てが簡単に

Windows 10をバージョン20H2に更新したら「キーの割り当て」方法が簡単になっていました。設定方法をお伝えします。

Windows 10を更新したらキー割り当てがリセットされていた

Windowsのアップデートが表示されたので更新してみました。

バージョンは 「20H2」です。

無事完了したので早速入力してみると「半角/全角」の切り替えがおかしくなってしまっています。

私は「半角/全角」の切り替えを

  • 「無変換キー」に「半角」
  • 「変換キー」に「全角」

というように割り当てていました。

どうもリセットされているようです。

キー割り当ての設定方法

以前はIMEアイコンを右クリックしてメニューの「プロパティ」でIMEの設定を変更していたのですが、更新後は「設定」になっています。

クリックすると「Microsoft IME」の画面が開くので「キータッチのカスタマイズ」をクリックします。

「キータッチのカスタマイズ」の画面が開いたら「キーの割り当て」の「各キーに好みの機能を割り当てる」を「オン」にして

  • 無変換キー →「IME-オフ」
  • 変換キー →「IME-オン」

に設定して完了です。

以前より簡単にキーの割り当てができるようになりました。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。