WordPress 「サイトが古いバージョンのPHPを実行しています」の対処法

WordPressのダッシュボードの画像

WordPressのダッシュボードをひらくと「サイトヘルスステータス」に「パフォーマンスやセキュリティを改善する余地があります。」との表示が出ていました。

確認すると古いバージョンのPHPを実行しているので、PHPを更新したほうがよいということのようです。

WordPress サイトヘルスステータスに「サイトが古いバージョンのPHPを実行しています」の表示が

WordPressのダッシュボードにある「サイトヘルスステータス」という項目に「パフォーマンスやセキュリティを改善する余地があります。」との表示があることに気づきました。

確認するために「サイトヘルス画面」をクリックすると下のような画面が表示されます。

1件のおすすめの改善として「サイトが古いバージョンのPHP(7.2.27)を実行しています」と表示されています。

「パフォーマンス」をクリックすると詳細が表示されます。

「PHPの最低推奨バージョンは7.3です。」との表示です。実行しているPHPが「7.2.27」なので更新したほうがいいよということですね。

エックスサーバーでPHPを更新する

PHPの更新はWordPressをインストールしているサーバーで行う必要があります。ここではエックスサーバーを利用している場合のPHPの更新方法をお伝えします。

エックスサーバーのサイトにアクセスして、サーバーパネルにログインします。

PHPという項目の「PHP Ver.切替」をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されたらPHPを更新するドメインの「選択する」をクリックします。

PHPバージョン切替の画面が表示されたら「変更後のバージョン」のプルダウンメニューを表示します。

WordPressのサイトヘルスに記載のあった最低推奨バージョン(ここでは7.3)を選択して「変更」をクリックします。

これでPHPのバージョンが更新できました。

WordPressのダッシュボードを確認すると↓のように表示が変わっています。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。