行政書士登録申請の準備 自宅に事務所スペースを確保する

事務所の写真

行政書士事務所開業に向けて自宅の一室を事務所スペースにするべく作業を始めました。

開業するのは3か月以上先でまだ時間はあるのですが、登録申請時に事務所内の様子がわかる写真を提出する必要があり、事務所として使える状態にしおく必要があるのです。

自宅を購入する時点では事務所として使うことを想定していなかったので、スッキリきれいにとはいかないのですがなんとかおさまりそうな感じです。

元寝室を事務所スペースにする

もともと寝室に使っていた部屋からマットレスを2台移動して、1部屋を事務所用に使わせてもらうことにしました。

他の部屋にマットレスを普通に置くスペースがないので、苦肉の策でクローゼットとして使っている部屋に立てかけて保管することにしました。

寝室がなくなってしまったので、夜は和室に布団を敷いて寝ることにします。

押入れに布団を収納できるようにする

新たに布団を購入して和室に寝ることにしたのですが、布団を収納する押入れには荷物が収納されています。これをなんとかしないといけません。

もともと荷物は少なくするようにしてきたので他の収納スペースにまだ余裕がありました。そちらにすべての荷物を集約してなんとか押入れに布団を収納するスペースを確保することができました。

まとめ

なんとか1部屋確保できたので備品を入れることができるようになりました。ただもう1点、インターネット環境をどうするかという課題があります。

ルーターを置いている位置が事務所スペースから遠いためWiFiがつながりにくいのです。

中継器を導入するか、新たに電波が遠くまで届くルーターに買い替えるかなど考える必要があります。

申請まであと1か月あるので一つ一つ課題をクリアにしながら準備していきます。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。