行政書士 開業準備 事務所のインターネット環境を整備する

ルーターの写真

行政書士業務にはパソコンは絶対に欠かせないものですが、今どきのパソコンはインターネットが繋がっていないと使い物になりません。

事務所に使う部屋のインターネット環境を整備しました。

ルーターを 「TP-Link Ancher A10」に交換

我が家では光回線のコンセントのあるダイニングに無線LANルーターを設置しています。

これまで使っていたルーターではダイニングから離れた事務所に使う部屋には電波が届きにくい状態でした。

インターネットに繋がらない状態では仕事にならないので、新たに電波が遠くまで届くルーター「TP-Link Ancher A10」を導入しました。

これまでほとんど繋がらなかった部屋でも繋がるようになりました。ただ壁を隔てている分少し電波が弱くなるようです。

これまで使っていたルーターを中継器にする

電波をより強く広範囲に届くようにするために「中継機」を使う方法があります。

うまい具合にこれまで使っていたルーターが設定を変えることで中継機としても使うことができるものなので活用することにします。

設定を変えて設置してみたところ、親機から離れた部屋でも十分の強さの電波が届くようになりました。

これで家中どこの部屋でも快適にインターネットを使えます。

まとめ

インターネットも使えるようになり事務所の環境がすこしずつ整ってきました。来週にはテーブルやキャビネットが届き事務所として使える形になってきます。これでなんとか登録申請は問題なくできそうです。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。