「目標は紙に書くと実現する」を体験したかもしれない

貯金箱の写真

毎日野帳につけているライフログの1年前のものを読むことを習慣にしています。

2018年11月10日に書いたライフログを読み返しているとこんなことが書かれていました。

〇万/月貯めていく。来年の誕生日時点で〇〇万円が貯まったら、10月中に年内退職を告げ2019年12月末に退職して、 年明けから準備を本格化させる。

書いたことを全く覚えていなかったのですが読み返してみるとまさにその通りに物事が進んでいます。そのことにびっくりしました。

当時これを書いた時にはおそらく「こうなったらいいな」ぐらいの気持ちで書いていたのだろうと思います。

貯金もゼロの状態で月々〇万円を貯めていくのはできないことはないけれども頑張らないと難しい額です。

通帳を見る限りでは11月の給料から貯金を始めて12月のボーナスも予定通りに入金しています。

貯金などしたこともなかったですし、これまでの私なら最初のモチベーションで2か月は続けられるのですが「今月は厳しいから」などといろいろ理由をつけてちょっとずつ減らしたりして、結局は続いていなかったと思います。

独立のことも「そのうち余裕がでてきたら」と先延ばしにするのが常でした。

しかし今回は知らず知らずのうちに達成しています。

そしてライフログに書いている通り10月中に会社に退職の意思を告げて12月末での退職が決まりました。

ライフログに書いていたことが潜在意識に届いたからかもしれません。

これからも独立に向けて実現したいことを野帳に書き続けていきます。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。