タネカラナルとは ブログタイトルについて

ブログロゴ

「タネカラナル」をスタートしてもうすぐ1年になりますが、そういえばこのタイトルについてどこにも書いていないことに気付きました。

以前はプロフィールに書いてあったのですが、更新したときに消してしまっていたので、改めて書いてみたいと思います。

「タネカラナル」というブログタイトルにしたキッカケは

独立する過程をブログに記していこうと思っていたので、最初は「ドクリツシコウ」と決めて、ドメインも「dokuritsusiko.com」として作り始めていました。

しかし、独立のことを書くから「ドクリツシコウ」というのもひねりがないし、また独立のことだけでなくいろいろ自分について書くいわゆる雑記ブログにしたいと思っていたので、あまりしっくりときていなかったのです。

「住人十色」という一般の方の特徴ある住宅を紹介する番組があるのですが、その番組のとある回に出てきた雑貨店の「SEED」という名前にピンと来たのです。

「1つの種から成長する」という意味で「from a seed」というタイトルを思いつき、英語は自分には合わないなと思って「種から成る」→「タネカラナル」となりました。

ちなみにドメインの「o-naru.com」の「o」は「タネ」の形を表しています。

「タネカラナル」というブログタイトルの意味は

私は自分の欠点として「てっとり早く成果を求めてしまう」ところがあると感じています。

小さなことからコツコツ積み重ねていくことが苦手なのです。

大きな目標を掲げて勢いで何かをスタートしても、長い道のりのことを考えると動けなくなってしまうという失敗を何度も繰り返してきました。

そんな自分をなんとかしたいとずっと思い続けてきたので、何事も小さな1歩から始まる、「種から成る」と自分に言い聞かせる意味もこめてこのタイトルにしました。

このブログがたったひとつの記事からスタートしてなんとかここまでやってこれたのも、このブログタイトルのおかげかもしれません。

まとめ

日々の生活のなかでうまく行かないことがたくさんあります。

今やろうとしていることも、私にとっては大きく見えてなかなか手をつけられないでいます。

しかし、そういうときも毎日ブログを書くので、毎日このブログタイルが目に触れることになります。

自分を奮い立たせる良いブログタイトルだと勝手に思っています。インパクトがあるかというと微妙なところですが、気にいっているブログタイトルです。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。