ワイヤレスイヤホン【Anker Soundcore Life P2 Mini】に FSC 低反発ウレタン製イヤーピース 「短尺」でケースに収まる

5年近く使っていたJBL EVEREST 100 Bluetoothイヤホンが断線のために使えなくなったので、今回は完全ワイヤレスに挑戦しようと「Anker Soundcore Life P2 Mini」を購入しました。

このイヤホンにFSC低反発ウレタン製イヤーピースを使う場合には「短尺」にする必要があります。

でないと充電ケースに収まりませんので、購入のときにはご注意を。

付属のイヤーピースでは音がよくないのでウレタン製イヤーピースを付けてみる

最初に付属のイヤーピースで聴いてみると、どうも音がよくありません。音質の良し悪しなどはよくわからないのですが、なんとなく音がシャカシャカと軽い感じがします。

以前使っていた JBL EVEREST 100 では 「FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース」を使っており、音には満足していたので、 Anker Soundcore Life P2 Mini に着け替えて聴いてみました。

イヤーピースの効果は絶大で、 JBL EVEREST 100 とそう変わらず満足のいくものです。

イヤーピースのサイズが大きく 充電ケースに入らない

音はよくなったのですが、もう1つ大きな問題が発覚。

FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース を装着していると充電ケースに収まらないことがわかりました。

このイヤーピースは高さが1cmほどあり、イヤホンに装着した状態では充電ケースに収まらず、ケースのフタが少し浮いた状態になります。

この状態では充電することができません。イヤーピースをつぶすようにフタを押し付ければ充電できないこともないですが、不格好ですね。

Anker Soundcore Life P2 Miniにイヤーピースは「短尺」でOK

FSC 低反発ウレタン製イヤーピースにはワイヤレスイヤホン用に普通サイズより高さの低い「短尺」と「超短尺」が発売されています。

左が普通サイズ:高さ1cm程度,直径13.6mm、右が短尺:高さ8mm,直径13.2mm(どちらもLサイズ)

イヤーピースの高さは短尺のものが8mm、超短尺のものが7.3mmで、 Anker Soundcore Life P2 Mini には「短尺」を装着すれば、ぴったりとケースに収めることができます。

なお、同じ「Lサイズ」でも普通の高さのイヤーピースの直径が13.6mmに対して、短尺のほうはL13.2mmと少し小さくなっており、耳への密着度が低く、音は少し軽く感じる気がします。

それでも付属のイヤーピースよりはずっといいかなと思います。

Anker Soundcore Life P2 Mini に FSC低反発ウレタン製イヤーピースを装着して使う場合は「短尺」を購入することをおすすめします。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。