自分へのクリスマスプレゼント Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S

HHKBの写真

とうとうHHKBを購入しました。

購入する前に京都のビッグカメラにいきHHKB Professional JPをさわってきました。そのときは確かにキータッチが軽くてうちやすいとは感じたのですが、東プレのほうがもっとなめらかに打てるような感じがしたのです。

しかし東プレのものはスペースキーが長く親指シフトには向いていないとか。

情報を調べてみるとtype-sは普通のものよりタッチが軽いという情報もあるようで、悩みに悩んだのですが、今の私は何に対しても「悩んだら行動する」モードです。

結局実機には触らないまま注文してしまいました。

そしてタイミングよくクリスマスイブに届きました。

段ボール箱の写真

PFUダイレクトの梱包箱です。さあ、開封の儀。

キーボードルーフの箱

先着3,000名でキーボードルーフがプレゼントされていました。現在はもう終了しているようです。

キーボードルーフ

本当はスモークの色が欲しかったのですが、迷っている間になくなってしまっていたのでクリアをもらいました。

キーボードルーフ

キーボードを傷つけないためでしょうか。保護するためのゴムが付いています。

ゴムの写真

4隅についているのですが、もう1つルーフを包んでいるラップに紛れ込んでいました。予備でしょうか?

HHKBの箱

HHKBの入っている箱です。箱までかっこいい。

HHKBの箱

HYBRIDですのでUSB、Bluetoothどちらでも使えます。

HHKB

やっと箱から出てきました。早くタイプしてみたい。

HHKBの写真

これです。これがHappy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-Sです。

HHKB
K380とHHKB

今まで使っていたK380と比較してみました。大きさもほとんど変わらずデスクの場所をとることもありません。

実際に使ってみると、ふわふわした感じでまだ慣れませんね。はじめてのタッチは「感動」という感じではありません。

しかし指の移動がスムーズにできてキーをとらえている感じというか、ミスタッチが減りそうな気はします。

デフォルトで軽くつかってみたのですが、半角/全角の切り替えがうまくいきません。これから調べて使いやすい設定にしていこうと思います。

これで親指シフトの環境は整いました。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。