白髪染め後の風呂あがりは要注意 タオルを汚してしまったらウタマロできれいになります

タオルとウタマロの写真

白髪染めした日は洗髪だけでは染料は洗いきれないようです。できれば濃い色のタオルか古いタオルを使ったほうがよさそうです。

タオルを汚してしまった場合にはできるだけはやく洗いましょう。

白髪染め後のお風呂上がりは要注意

先日散髪に行きました。

30代後半あたりから白髪が増えだし、45歳の現在では本当に目立つようになってしまいました。

やっぱり若々しく見られたい気持ちもありますので、前回の散髪から白髪染めをお願いしています。

散髪に行った日の夜、お風呂あがりに髪の毛をバスタオルでふくと黄色っぽく汚れてしまいました。

洗いきれていない白髪染めの染料のようです。

その日は運悪く真っ白のバスタオルです。それもつい最近購入したばかりのフワフワの今治タオル。

やっちまったぁ…。

今すぐ洗えば落ちるかもしれない。でも夜も遅いので洗濯機をまわすのは控えたいところ。

ウタマロリキッドでつけおき洗い

部分洗い用に買っておいた「ウタマロリキッド」が大活躍しました。

洗面器にお湯を入れ、容器の背面に書いてある量の洗剤を入れます。

タオルをかるくもみ洗いし、30分ほどつけておきました。

その後お湯で洗剤を洗い流し、翌朝に洗濯機でもう一度洗いました。

はやめの対処がよかったようです。ほとんどもとの白さに戻りました。

次からは濃い色か古めのタオルを使うようにします。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。