乾燥の季節 加湿器の消耗品は前シーズンの片づけ時に買っておく

枯葉の写真

冬がきて室内の湿度も30%を下回るようになり、空気の乾燥が肌やのどでもわかるようになってきました。

人間はまだいいのですが、うちには皮膚の弱いダルマ(チワワ メス 5歳)がいるので湿度には気をつかっています。

今年も加湿器の準備をはじめました。

加湿器を準備する

ダイニチの加湿器 HD-5015 を使っています。

この機種は生産終了していますが後継の機種が発売されているようです。

毎年11月後半から4月頃まで使っています。 ダルマがうちにきてすぐに購入したのでもう5シーズン目ですね。

暖房器具と加湿器が出てくると、冬がきたという感じがします。

加湿器の写真

前シーズンの片づけ時に消耗品を買っておく

ダイニチ加湿器 HD-5015には3つの消耗部品があります。

〇 抗菌気化フィルター

タンクの水を吸収し気化させます。水あかがすぐにつくので2週間に1度は洗浄しないといけません。

〇 除菌フィルター、抗ウイルスエアフィルター

吸気口につけるフィルターです。たくさんのホコリがたまるので定期的にそうじをします。

これら3つの部品は定期的にメンテナンスをしていても数か月使っていると汚れがひどくなってきます。

抗菌気化フィルターについては「5シーズン」で、除菌フィルターと抗ウイルスエアフィルターは「汚れが落ちにくくなったら」交換と取扱説明書に記載がありますが、うちでは毎シーズン交換しています。

これらの消耗品は使用直前に購入するのではなく、シーズンが終わって片づけるときに購入するのがおすすめです。

片づけておいた加湿器を準備するタイミングは「今すぐ使いたい」ときです。Amazonで注文すれば数日で届きますがその数日がストレスだったりします。

片づけるときに購入する場合は数日後に届いてもまったく構いません。次のシーズンにはすぐ使い始めることができます。

2年前から片づけ時に購入するようになって毎シーズン気持ちよく使うことができています。

この記事を書いた人

大西 務

京都府在住。2007年行政書士試験に合格。独立することを夢見つつ、製薬会社の薬事部門で申請や届出などの業務を10年やってきました。2019年の年末に退職し、2020年7月に「行政書士大西事務所」を開業しました。妻1人、チワワ1匹。温泉好きのいぬバカが書いています。